今年で子ども主体の加美東まつりは早や3回目になります。高齢者向けの事業が多い中、この加美東まつりは、幼少~児童を対象に「子どもの出番」を主眼にした、地域の特筆すべき事業のうちのひとつと思われます。3連休の中間日にも拘わらず会場においてはわが子のダンスを観にくる親御さんたちでにぎわいました。他の地域においても、コロナ禍の中でのリスクと対策、効果を天秤にかけ、さまざまな事業開始に踏み切っているところもあり、今後の行方を見守りたいと思います。